読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤飲!動物病院へ走る

いつかは来ると思ってました

こんな日が

 

いつも通り元気いーっぱいのイジー

f:id:y20130801:20130903133302j:plain

引っ張りっこでおかーたんに勝てたことないの

 

雨で短い散歩しか出来ないので

夕飯も早々と食べ終わって

ソファで一緒に座っていたら突然

私の頭からシュシュを奪って逃走

髪の毛も数本持ってかれた…

 

いつもなら

ごるぁーー!(°言°怒)

と追いかけて怒るところですが

今日のかーちゃんは一味違うんだから!

毅然とした態度で、落ち着いてね

「イジー、ダセ。」

 

…(ノ・人・`)??おや…?

 

「…イジー、ダセよ。ダセ!」

 

…(ノ・人・`)??あれれ…?

 

一向に出す気配は無く

うぅぅぅぅーって唸り始めたΣ(°д°lll)ガーン

ちょっとカッチーン!ときたので

口元に手を持っていったら

ガブーーーっと噛まれマシタ( ;∀;) カナシイナー

 

痛いとかじゃなく(激痛は激痛なんだけど)

なんかもう噛まれたことがショックで

呆然としてたらその間に

ゴックンって聞こえた気が…

まさか…ね?ねぇ??

無理やり口を開けても何も無い

飲み込みやがった 

エェ━Σヾ(・ω・´;)ノ━!!!!

 

f:id:y20130801:20130902114115j:plain

フィラリアのジャーキー待て中なの

お薬らしいんだけど毎日でも食べたいの

 

やばいぞこれは落ち着け落ち着け

と、とりあえず博士なきゃ

違う、吐かせなきゃ!

そうだよ吐かせよう

確か塩水だよね塩水

溶けないくらいの濃度の塩水を作って~

 

…ダメだ!

さすがのイジーでもこんなの飲んでくれない

ペロッとしただけで飲むの止めた

 

こっこれはもう病院に電話してみよう

かーちゃん半泣きで焦ってますε=ε=ヾ(;゚д゚)/

 

…ダメだ!留守電だ!(20時でした)

いつもの病院は時間外受付てないし

時間外の対応してくれる動物病院を探して電話

冷静に冷静に!と言い聞かせながら状況を説明

 

母 「あのあのっラブラドールなんですが

  シュシュを飲み込んでしまって…」

先生「シュシュ?」

母 「あっ、あの、髪のゴムというか布のふわふわの

  手の平くらいの、シュッ、シュシュなんです!!」

 

今思うとなんて説明してるんだと思いますが

この時はもう必死で必死で(´-ω-`;)ゞポリポリ

ちなみに飲み込んだのはこのシュシュ

結構大きいんです。。。

f:id:y20130801:20130907105946j:plain

とにかく来てと言ってもらえたので即出発!

 

本人は至って元気なんですが

大きさが大きさなので吐かせることに

薬を2本飲んで様子を見る

看護師さんが押さえて先生が

口に無理矢理薬を流し込むのを見てるのは辛かった…

でもイジーは上手に飲んでくれました!えらいぞ!

 

すぐに吐き気がくるはずなので

フリーにさせて様子を見ましょうと

5分…10分…15分…

まだまだ元気いっぱい

 

もう1本薬を追加で飲ませて

それでもダメなら吐き気を促す注射を打つことに

この時点でもう

私が吐きそうになってた

ダメ飼い主です…はい…すみません

 

身体への負担を考えれば、

飲む薬で吐いてくれるのが一番

注射はごく僅かではあるけれど副作用が

発生する場合があるとの説明を受けました

 

気持ち悪さはあるみたいなんだけど

吐くまでには至らない様子のイジー

結局、注射を打つことになりました

これも上手に出来たよイジー!

 

診察台から降りて1分くらいすると

泡状の液体と、それに包まれたシュシュ!

出た!出たよーーー!!

最初の飲み薬の効果で泡状になるとかならないとか

 

夕飯も全部出ちゃったけどね

中には散歩中に食べたであろう

草やら枝も混ざってました( ゚Д゚)アライヤダ!!

あとは謎の黒いゴムっぽい物体

何処で何を食べたんだ

 

病院でフリーにしてた時の様子を見た先生は

↑そこら変にある物はなんでも口に入れようとしてた

「こういう子は誤飲を繰り返すことが多いから

 気をつけておいたほうがいいですよ~」と

 

…(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ま、まじですか

開腹手術を繰り返す子も居るらしいです

 

今回は無事に吐いてくれたので良かったですが

薬や尖ったものだったりすると、即開腹!

ってこともあるんだとか_ノ乙(、ン、)_うへあ~

 

結局吐いたのはその1回だけで

その後は吐き気止めの注射をして貰いました

時間外にもかかわらず、丁寧な対応をしてくださった

先生と看護師さんに感謝感謝です

 

病院へ行くまでは

イジーの身体が心配なのはもちろんですが

なんでしょう…なんというか…

「絶対に怒られるどうしようどうしよう

またダメ飼い主だって言われるどうしよう

私の責任だイジーに何かあったらどうしよう」

 

という気持ちでいっぱいで涙が止まらなかった

実際には怒られたりはしませんでしたが

いつもの病院だったら

飼い主の責任ですよ!

何してるんですか!

って怒鳴られてたような気がします。。

 

もちろんその通り飼い主である私のなのですが

毎日壁にぶつかって悩んでノイローゼ気味になってる今

それを言われてしまうと…ちょっと苦しかったかなぁと

まだまだ甘いですねー(´ω`)・・トホー

 

それから2日経ったイジーは薬の影響もなく

食欲もたっぷり!元気いーっぱいです!

f:id:y20130801:20130903133353j:plain

 やぁね~いくらアタチでもこれは飲み込まないわよぉ~

なんか悪い顔しとるな~

 

フリーにしている時はイジーの届く範囲に

極力物を置かないようにしていたんですが

まさか頭から持っていかれるとは…

完全に想定外でした

 

誤飲する物なんて、ほとんがそうなのかもしれません

まさかこれを食べる訳ないでしょう~

って物を食べちゃうんでしょうね

 

口に入れた瞬間に「ダセ」をしっかり出来ていれば…

「そのまま!」って方法もあるらしいですね

なんでちゃんと出来なかったんだろうと後悔でいっぱいです

 

今後はこんなことがないように

しっかり対策をしていきたいと思います

ごめんねイジーこんなヘタレかーちゃんで

かーちゃん頑張るからねー!

p(`・ω・´)q

 

 

 

 

 

お散歩中に幼稚園バスがわざわざ横に停まって

イジーに手を振ったり声を掛けてくれたりします

こんな時、かーちゃんはどうすれば…

イジーの代わりに手でも振りましょうか

そうですね誰もそんなの求めてないですよね

何かイジーに芸でもさせたらいいですかね

跳べ!とか(●´エ`●)o〇ドコヲトブノヨネー

ふふふ~って笑っておけばいいのかしら

↓イジー病院よく頑張ったね!の

 ぽちーっとお願いします↓

 にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

にほんブログ村